いらない洋服を売る時、どうしています?

 

皆さんはいらなくなったり、着なくなった洋服を売る場合どうしていますか?

 

私は少し前にモードオフでアルバイトをしていたことがあるので、いらなくなったお洋服で安めのものは自分のお店(または系列のハードオフ)で売っていました。

 

 

 

というのも自分で売り買いを決めていたので、ある程度この服は売れる、売れないというのが分かるためです。

 

そもそも、個人経営のリサイクルショップから、モードオフなど大型のリサイクルチェーン店にしても、お客様から買取した洋服を売って利益を得る仕事なので、どうしても買取価格は低くなってしまいます。

 

実際、リサイクルショップが買取した洋服をヤフオクのルートで販売していたりしますからね。

 

なので、リサイクルショップで洋服を売るのがおすすめなケースは、

 

  • メルカリやヤフオクなどに出品してもも売れるかどうか不安な場合
  • 梱包や発送作業、購入者とのやり取りなどが面倒な人

 

ということになるかと思います。

 

 

洋服を売るならリサイクルショップ?それともメルカリ・ヤフオクで売るか?

 

ちなみに私の場合、売れそうにない洋服や本当に破棄したいような洋服のみをリサイクルショップ(モードオフ)で売っていました。

 

 

反対にその時に流行っている服や、かなり状態の良いもの、高価なブランド服などはメルカリなどのフリマアプリや、ヤフオクなどのオークションを活用するとより高い値段で売ることが出来ます。

 

多くの人が求めるような品物なら、当然少し高くても買ってもらえますし、同じ値段で売ったとしても、リサイクルショップなど買取式のお店を通して売るよりも自分に入る利益が多くなります。

 

しかし高い洋服であっても、ブランド品などは偽物との判別がつけづらいため、信頼できる買取式のリサイクルショップを利用した方が、売り手も買い手も安心できると思います。

 

まとめて売るなら宅配買取の方が便利!

 

また 最近では宅配買取サービスも一般的になってきましたが、大量の洋服を売りたい(処分したい)際には、宅配買取サービスを利用するのが一番だと思います。

 

洋服の宅配買取サービス

 

以前ハードオフの店頭で働いていた頃は、段ボールに何箱も詰められた洋服を売りにくる人もいました。
お店に持ってくるだけでも相当大変だったのでは?と思うくらい大量の衣類を持ってこられるんですよね。

 

でもそれだけ苦労してお店に持って行ったとしても、ほんの数百円から数千円にしかならないことがほとんどで、売り手にとっても買い手にとっても得のない状態になっていました。

 

その点、宅配買取サービスならいつでもネットで申し込みができますし、送られてきた段ボールに売りたい洋服を詰めて宅急便で送るだけなので、お店に持ち込む手間もかかりません。

 

それでいて、宅配買取ならば実際の店舗を構えたリサイクルショップと違って日本全国のお客様を対象に商売ができますし、運営コストも低いので、普通に近くのリサイクルショップで売るより高い値段で買い取りして貰えることが多いです。

 

というわけで、いらない洋服を売るのなら、

 

  • 時間や手間をかけてもいいので、なるべく高く洋服を売りたいという方→フリマアプリやオークションで売る
  • なるべく手間をかけずに、たくさんの洋服を処分したいという方→宅配買取で買取してもらう

 

という売り方が一番おすすめめです。

 

自分の目的や持っている洋服によって、利用するお店を使い分けるのが賢い使い方だと思いますよ。

 

おすすめの宅配買取サービスは?【ランキング順に紹介】

なるべく手間をかけずに、たくさんの洋服をまとめて処分したいなら宅配買取がおすすめだと書きましたが、例えば「宅配買取」と検索して調べてみると、いろんな宅配買取サービスが世の中にあることがわかります。

 

でも逆に、どの宅配買取サービスを使ったら良いか、きっと迷う人も多いはず

 

なので、ここでは私がこれまでに利用したことがあるサービスを中心に、おすすめの宅配買取をランキング順に紹介していきたいと思います。

 

 

トレファクスタイル

トレファクスタイル 公式サイト

 

古着の買取、販売を行っているリユースショップ「トレファクスタイル(トレジャーファクトリースタイル)」が運営する宅配買取サービスです。

 

ほとんどの宅配買取サービスでは、ノーブランドの洋服や、GU、しまむらな、ユニクロどファスファッション系の洋服などは買取対象外なのですが、

 

トレファクスタイルは買取対象ブランドが無制限!

 

なので、捨てようと思っていたノーブランドの服や、着なくなったプチプラの洋服、セレクトショップで購入したものや、ハイブランドの洋服など全てまとめて買取をお願いすることができます。

 

断捨離や衣替えなどで着なくなった服を大量に処分する時などにオススメの宅配買取サービスです。

 

 

 

 

 

古着com

古着com 公式サイト

 

こちらはトレファクスタイルと違って、実店舗を持たずにネット専門で様々なリユース・リサイクル事業を行っている株式会社JUSTYが運営する宅配買取サービスです。

 

ノーブランドやファストファッションの服は現在買取対象ではなくなったのですが、買取対象になっているブランドの数が業界トップクラス(約6000ブランド)なので、あまり知名度のないブランドなども買取してくれます。

 

また、トレファクスタイルのように店舗での買取を行っておらず、ネット宅配買取(一部出張買取)に特化しているので、その分査定金額が他の宅配買取サービスより期待できるのもお薦めポイントです。

 

 

 

 

 

古着買取王国

古着買取王国 公式サイト

 

古着やフィギュア、ホビーなどの買取に特に力を入れている店舗型リサイクルショップ「買取王国」が運営する、古着専門のネット宅配買取サービスです。

 

こちらもノーブランドの洋服や、ユニクロ、しまむらなどのファストファッションは買取対象ではありませんが、まとめて一括査定してくれるのでいらない服をまとめて処分したい時に使い勝手が良いサービスです(査定はちゃんと一品ずつ行ってくれます)。

 

また、運営会社がJASDAQ上場企業で、年間の買取点数1000万点、買取金額も20億円を超える買取実績を持っている会社なので、宅配買取の利用が初めての人でも安心して使えますよ。

 

 

 

 

洋服売るならどこで売る?【みんなの体験談】

古着を処分する際はメルカリで期限を決めて出品しています(30代前半女性/群馬県在住)

 

季節の変わり目に必ず行うことといえば、クローゼットの整理です。

 

来年着るかも?と取っておいた服も一年経つと「やっぱりもう着ないかな」っていう気分になります。
そんなときは潔く処分しますが、なるべくお金になるように売れるものは売るようにしています。

 

まずは、状態とブランドをチェックします。
流行りにのれそうなキレイなものと、激しく傷んでいないブランドものはよけておきます。

 

残りのものは、重さ買取などで役に立ってもらうため袋に詰めてしまいます。

 

よけておいた服は、メルカリに出品しますが、期間は長くは設けません。
実店舗に売りに行く日を決めておき、その前日くらいまでの「期間限定」で出品します。

 

メルカリで洋服を売る

 

あくまで実店舗よりは高く買取ってもらうことを目的にしてるので、あまり欲張らず、安く出品しています。

 

最近はメルカリも利用者が増えて、なかなか買ってもらうのも難しくなってきました。なので安い方が目に止めて貰えます。

 

そして、残ったものと、袋に入れておいた服を、まとめて実店舗に売りに行きます。

 

以前はオフハウスを利用していましたが、季節外のものは受け付けてくれないし、ものによりの勝手に季節を分類されたことがあって(秋に着れるキャミソール持ってったら、夏物と言われてだめだったことあり)、足が遠のいています。

 

代わりに最近はいつどの季節のものを持ってっても大丈夫な、ドンドンダウンという古着屋に私は持っていっています。

 

靴や雑貨(雑誌の付録のトートなど)も売れるので、あればまとめて持ってくといいと思います。
ついでに買い物もできて、掘り出し物を探す感覚が楽しいです。

 

ただ、どんなに人気のブランドでも、発売から年数たったものだと重さ買取だったり、値段がついても1着30円くらいという安さになることも少なくありません。

 

ですのでメルカリで安く売る方がオススメなんです。
1000円で同じものが売れたとしても、メルカリでしたら手数料や送料ひいても数百円にはなります。

 

ただダラダラ続けるとクローゼットが片付かないので、私は期間限定の出品にしています。

 

 

着なくなった洋服は古着屋さんとフリマアプリで売っています(30代後半女性/熊本県在住)

 

購入したものの、なかなか着る機会がなかったり、飽きてしまって着なくなったものまで、さまざまな理由にて着ることがなくなった洋服が溢れているため、収納場所を確保するのも大変でした。

 

このままではいけないと、洋服を手放すことにしたのですが、ただ捨てるだけではもったいないため、買い取りをしてもらうことにしました。

 

最近ではフリマアプリなども増えているようで、着なくなった洋服をフリマアプリなどで売る人もいますが、やり取りをするのが面倒ですし、そもそもフリマアプリに出店をしても、売れなかったら売れるまで保管しておかなくてはならないため、意味がないと思い、古着屋さんに持っていくことにしました。

 

ノーブランドのものは、古着やさんに持ち込むと一着では値段がなかなかつけられないようなものでも、まとめていくらというように値段がつけられるため、一着残らず買い取ってもらえることが嬉しくて、古着屋に持っていくようにしています。

 

古着屋さんで服を売る

 

しかし、ブランドものは売れる可能性も高いですので、フリマアプリに出店をして、出来るだけ高額買い取りを狙うようにしています。
物によってフリマアプリを利用することもありますが、それはすぐに売れるという確信があるときだけです。

 

なかなか売れずに結局洋服が減らないというのは本末転倒ですし、いつまでも出店していると、売りたいと思っていた洋服はシーズンが終わってしまい、古着屋に持っていくことができなくなります。

 

捨てることも出来ますが、お金を出して購入したものを捨てるだけでは損をしているような気分になりますので、需要があるものはフリマアプリに出店をして、需要が低そうなものは古着屋に引き取ってもらうことにしています。

 

たまに、フリーマーケットなども開催されることがあるため、フリーマーケットが開催されるときには参加をして、直接交渉し合いながら洋服を売るようにしています。リアルのフリーマーケットは準備は大変ですが、売り上げから引かれることもなくお得です。

 

 

いらなくなったお洋服は捨てずにオークションで売っています(20代後半女性/栃木県)

 

塵も積もれば山となると言う言葉があるように、私はいらなくなったお洋服はオークションに出品しています。

 

お洋服の情報を入力したり写真を撮ったりする作業に、面倒臭さを感じる時もありますが、落札された時の喜びを思い出すと、逆に楽しくなってきます。

 

同じお洋服でも落札される決め手となるのはやはり、写真の撮り方で全く違ってくると思います。

 

写真の撮り方はとても重要で、なるべく明るいお部屋で、自分自身が得るお洋服を着て写真を撮ることが多いです。
そうすると購入者様にも分かりやすく、落札率も上がります。

 

オークションで洋服を売る

 

オークションのいいところは、自分の売りたい値段で得ることができるし、売りたい値段に少し上乗せをして、購入者様からの値引き交渉に対応するのも良いですし、自分のペースで進められるので、面倒臭い作業もお金の為だと思えば頑張れます。

 

オークションを始める前に、いらなくなったお洋服の処分方法に困った時に、古着屋に持って行けば買い取ってくれると言う情報を得て、ゴミ袋2袋分のお洋服を持っていきました。

 

たくさんお洋服があったので買取価格にワクワクしていましたが、提示されたお値段が自分の思っていた金額の半分以下でビックリし、ショックを受けました。

 

下手したら、オークションでお洋服を2着売ったお値段と同じくらいです。
その時は、オークションに出品すると言うことが頭になかったので、お店側に売りましたが、今考えると店舗に持っていくことはもうないと思います。

 

もっと早くオークションのことを知っておけばよかったと後悔したりもしましたが、オークションでお洋服を売るということが必ずしもいいとは限らないこともありました。

 

私側は出品するお洋服の状態をきちんと見たつもりで出品して売っているのですが、見落としもあり購入者様に届いてから汚れがあったので返品したいというケースもありましたし、発送したが受け取ってもらえない事もありました。

 

お顔が見えない取引の分、怖いなと感じることもあります。
インターネットと店舗、どちらがいいか賛否両論ですが、お値段を考えるとオークションはやめられません。

 

 

持ち込み時期も考慮して、リサイクルショップで売る!(30代後半女性/福岡県)

 

「そういえば、去年も今年もこのコート着なかったな…」というように、2年に渡って着なかった洋服は、処分しても問題なし!とマイルールを決めています。

 

シミや色あせがひどいとか、どこか破れているような服の場合は「ごめん!」と言いながらゴミ箱行きですが、まだ着られるorほとんど着なかったような服は、行きつけのリサイクルショップに持ち込むようにしています。

 

そこは、重さで買い取り価格を決めるタイプのショップではなく、ちゃんとブランドを確認して買取してくれるお店なんです。

 

基本プチプラな洋服しか持っていませんが、たまに「お!意外と高価格!」と嬉しくなるような金額で買い取ってもらえる場合があるんです。「高価格」といっても数百円ですが…。

 

リサイクルショップで販売されている古着

 

クローゼットに入れておいても着ないならただのゴミだし、たとえ数百円でもお金になると嬉しいですよね♪

 

いや、ただで引き取ってもらえるだけでも全然構わないんです!捨てるのが申し訳ないから、誰かに着てもらえるだけで十分。

 

知り合いは、着なくなった服をメルカリに出品したりしていますが、私は自分の着ていた服に自分で値段をつけるのに抵抗があって…。しかも、購入者さんとやり取りして自分で梱包して発送して…となんだかややこしそう!

 

というわけで、私は「着ない服はリサイクルショップに持っていく」という手段が定番となっております。

 

リサイクルショップのいいところは、持ち込んだ洋服を査定してもらっている間に、店内を見て回れるところ。意外な掘り出しものがあったり、基本的に全てが安いので、通常価格では購入を躊躇するようなデザインのものでも手が出しやすい♪

 

ただ、リサイクルショップに洋服を持ち込む時に注意していることは、「シーズン前に持っていく」ということ。

 

例えば、「今年の冬も着なかったな」というコートを冬の終わり頃に持ち込むと、「買取できません」と言われる可能性もあるんです。まあ、当然ですよね。冬が終わろうとしている時期にコートを買うお客さんはいないですもんね。

 

というわけで、冬物・夏物と分けて保管しておいて、それぞれシーズン前に店舗に持ち込むようにしていますよ。

 

 

 

 

 

 

洋服売るならどこが一番?〜おすすめのネット宅配買取ランキング TOPへ